});

にのみや工務店

資料請求 来場予約

WEBマガジン

WebMagazine

【谷中】音楽とその時代

webmagazine 2019年3月30日

こんにちは!YANAKAです。

先日「ボヘミアンラプソディ」という映画がアカデミー賞で4冠を受賞しました。
映画が大ヒットして超ロングラン上映しているようですね。

Queenと言ったら自分たちの世代ではリアルタイムで聞いていましたが、なぜか若い世代にも受けているんだとか。
正直な話、なぜ今になって映画を?と思いましたが、中学時代から自分が好きだったバンドが今の若い人に受け入れられるのは純粋に嬉しいですね。

当時、「オペラ座の夜」と「華麗なるレース」の2枚のLPアルバムが対称的な黒と白で出ていて、ジャケットを2枚並べるとかっこよかったのもポイントでした。
その頃に「マカロニほうれん荘」という神漫画にハマっていて、その中でもQueen ネタが頻繁に出てきたので、さらにはまり込んでいきました。

せっかくなので、ぜひ聞いてもらいたい曲をピックアップしてみます。
言わずと知れた「ボヘミアンラプソディー」は映画のタイトルにもなっている代表曲の一つです。
バラード、オペラパート、ロックと革新的な組み合わせで当時度肝を抜かれました。
ハーモニーも美しい曲です。

 

Queen の曲の中で自分が一番好きなのが「I was born to love you」
この曲は昔、ノエビア化粧品のCMで結構頻繁に流れていたので、40代以上の方は聞きおぼえがあるはずです。
スピード感あるリフに爽快なハーモニーで、聞いていると本当に気持ち良くなる曲ですね。

 

日本語の歌詞が入っている「TeoTorriatte(Let Us Cling Together)」
デビュー当時、本国イギリスでは評価されなかったのに日本で人気に火が付いたこともあって、親日家で知られるメンバーですが、なんと綺麗な日本語で歌っているのを聞いてびっくりした覚えがあります。
この曲も大好きな曲で、当時好きな子のためにせっせとカセットテープに録音して、結局渡せなかったほろ苦い思い出のある曲の一つでもあります。

 

そんな青春時代を思い出させてくれるQueen ですが、アルバムセールスはあのビートルズを超えたと言われているモンスターバンドです。
聞いたことが無い方は勿体ないので、ぜひ聞いてみてください!

【羽黒駅前】桜源郷 土地&モデルハウス販売相談会!

●2019年度採用情報(営業・現場監督・くらしコーディネーター)事業拡大の為、募集致します!


●にのみや工務店のホームページはこちら


●お問い合わせはこちら

●WEBマガジン一覧を見る

 

新築・リノベーション・エクステリア工事をお考えの方

FP工法が気になる方 注文住宅をご検討の方

家づくり、何から始めればいいかわからない方・・・

何かお悩みがあれば、是非お問い合わせください^^

桜川市・笠間市・筑西市・つくば市・つくばみらい市
茨城で家を建てるなら、にのみや工務店

【注文住宅 FP 高性能 モデルハウス 新築 工務店 レンガ かわいい おしゃれ 自然素材 らしくくらす にのみや工務店】

 

 

上に戻る