にのみや工務店

資料請求

「一会一期」で伝えたいこと

Message

会長からみなさまへ

1.古民家再生

古きものには沢山の価値がありますが、反面多くの問題も有ります。古民家の材料の中には、現在では手に入らない貴重な木材や加工材料が沢山有ります。古民家一部屋の材料で、現代住宅30坪分の構造材を全て補える程の価値のある材料も少なくありません。又、日本建築の加工技術は世界で最も優れた木造建築です。

古民家というものは、曲がりくねった木材を見事に組んで作り上げていきます。それだけで無く現代の構造力学にも劣らない綿密に計算された構造になっているのは、本当に見事です。しかし壊してしまっては貴重な財産も無くなってしまします。とはいえ昔の家は「寒い」「暗い」「プライバシーが無い」「地震が心配」等‥問題も有ります。その様な沢山の問題を解決することが、古民家再生です。

私(二宮正志)は建築士ですが、地域文化財専門技術者(ヘリテージマネージャー)でもあります。その知識と技術を生かして新築ばかりでなく、リフォーム・リモデリング・古民家再生を促進させたいと思っております。

2.一会一期

お世話になった方々に感謝と末永いお付き合いをさせて頂きたいと言う気持ちから、ちょっとくつろげる空間を作ってみました。和風庭園を見ながら東ティモールの美味しい珈琲を飲みおくつろぎください。
又、この珈琲は東ティモールの貧しい人々を支援する目的で一杯200円を頂いておりますので、ご支援ください。

今後は全国のお取り寄せスイーツも週替わりで扱っていく予定ですのでご期待ください。

3.地域の情報アンテナ

お世話になっている方々の情報を発信させて頂きインターネットとは違った情報アンテナをお作り致しました。
「にのみや工務店のアンテナを見てきました」と言うと、ひょっとすると何か良い事が有るかもしれません。(お楽しみに)

4.日本建築の技術の継承を図りたい

現在の在来工法の住宅において、プレカット工場で加工された材料を大工さんが組み立てていく梁は、その全てが角材で古民家の様な丸太梁は使えなくなっています。
また、大工が一人前と認められるには墨付けと梁さんたんが出来るまで5年の修業は最低必要ですが、大工・左官職人は高齢化が進み技術の継承が難しくなってきております。

このような状況の中で少しでもプロフェッショナルな工務店として、職人育成に尽力して行きたく二代目や若手職人の育成の場を作りました。

5.地域との絆

地域の様々な方が、趣味の手習い、癒しのボランティア、手先の訓練の為の民芸品造り等を行っています。その様な方々の作品を展示販売させて頂くクラフトショップを開設しました。
時間のある方には目標を高く持って作家になって頂き、高齢の方にはいつまでもお元気で充実した毎日を過ごして頂きたく、作品は自分で販売価格も決めて頂きます。

ショップの手数料は頂かず、売れた分だけ全額お届けしております。材料代にもならない様な金額ですので、是非ご利用ください。

㈱にのみや工務店
会長 二宮正志

上に戻る