実例

リビング 階段
ダイニング~畳ルーム
リビング
ダイニング
ダイニング
和室
外観 和の家

「家の真ん中に家族が集まり 家族の心が集う、三世帯住宅」
家族で過ごす心も体も休まる家。リビングと畳ルームが繋がるくつろぎ空間。
-
お施主様のこだわり
「家族みんなの快適な暮らし」が叶った間取り
小学校入学がきっかけで、家づくりを始めたお施主様。こだわりは両親と祖母と自分たちみんなが快適に暮らせること。そして、家族みんなでの会話を楽しむこと。その思いからみんなが集まる部屋を和室とし、家の中心にしました。
中心にすることで両親の部屋からも祖母の部屋からもアクセスしやすく、またLDKに隣接し客間としての利用も便利。それ以外にも間取りは家事効率を考えて回遊できるプランを採用しました。
吹抜けを設けた開放的なリビングにつづく2階ホールには、子どもが勉強できるようにスタディカウンターを設置。性能・設備面でも暖房効率を考えたFP工法を盛り込んだ満足のいく住まいに仕上りました。
ホワイトを基調にグレーの石肌調サイディングと木格子で和のテイストをプラス。リビングからつながるコンクリートデッキも石肌調に。

家族が集う和室は、いろんなシーンの使い方ができる万能和室。玄関から直接お客様を通せる客間として。お友達が遊びに来た時のキッズスペースとして。LDとつなげば大人数での食事会も可能
多目的に使えるデザイン和室。天井クロスは明るいブラウンを使い、アクセントで付けた黒竹と床柱でトーンを落としたモダンな雰囲気。ガラス格子戸から採光が差し込み明るさも確保。LDKのどこに誰がいても目が届く間取り。
ホワイトを基調にした明るいリビングは、テレビ背面に石肌のエコカラットを貼りモダンに仕上げた。2階の天井まで広がる吹抜けに鉄骨階段の組み合わせが、さらに明るさと開放感をプラスしました。

工法
木造軸組
立地
茨城県桜川市
延床面積
50.8坪(168.10㎡)
敷地面積
348.37㎡