2022-07-07

【リフォーム部レポ】屋根改修工事

今回は屋根の改修工事をご紹介したいと思います。

ご依頼は築30年以上経っている物件です。築年数が経つと劣化による雨漏れが心配ですよね。

既存の屋根はコロニアル葺です。コロニアルとは、セメントと繊維質の素材を主原料とし、練り混ぜた生地を薄板状に成形・加圧して製造したものです。コロニアル本体には防水性はありませんが、表面に塗装を施すことで、防水性や耐久性を持たせています。コロニアルの耐用年数は20年前後と言われております。

こちらが施工前の状況。

コロニアル葺の上からカバー工法により、鋼板屋根材を取り付ける工事です。

向かって右側が鋼板屋根材を取り付けたところです。

カバー工法の長所は既存屋根の解体が必要ないので、解体費と産廃処分費がカットできます。

鋼板屋根材は瓦と違い軽いので、屋根が二重構造になっても、建物に負担がかかりません。

ので安心です。

今回使用しています鋼板屋根材は、耐久性能、断熱性能に優れた三層構造で、雨音軽減と結露防止にもなり、鋼板屋根材の裏側にウレタンがついています

コロニアル葺の屋根で塗り替え塗装をしていない場合は、カバー工法をおすすめします(^^

リフォームのご依頼は是非、にのみや工務店へ(^^♪

お困りのおことがありましたら、お気軽にご連絡くださいませ^^

リフォームメニューはこちら

らしく、くらす。

「茨城で家を建てるならFPの家」にのみや工務店

桜川本社:茨城県桜川市御領2-4 0296-75-0369

つくば支店(モデルハウス):つくばみらい市陽光台4-10-2 0297-57-1234

お問い合わせはこちら